工場ではフォークリフトを使えると有利?ピッキング業務とは?

工場ではフォークリフトを使えると有利?ピッキング業務とは?

工場のピッキングの仕事とは

工場ではピッキングの作業担当者が必要になります。ピッキングとは倉庫に収められているものを選んで取り出し、必要なところまで運ぶ仕事です。工場では倉庫に原料や部品を保管しておき、必要なタイミングで必要な量だけ取り出して製造に用います。原料や部品をまとめて取り出し、適切なときに現場に運び込むのがピッキングの仕事です。また、完成した製品を倉庫に一時的に保管しておきます。出荷するときに製品を取り出すのもピッキング業務です。広い倉庫の中から適切な原料や製品を速やかに選び出し、スムーズに生産を進めたり、出荷作業を行えたりするようにする役割を果たしているのがピッキングの仕事です。

フォークリフトを使えるとピッキングができる

ピッキングの仕事をするにはフォークリフトを使えることが求められる現場が多くなっています。工場では必要になる大量の原料や部品をスピーディーかつ安全に運ぶことが求められます。そのための機械としてバレットに載せて水平を維持しながら運べるフォークリフトがよく用いられているのです。フォークリフトは高いところにあるものもバレットごと下ろせるので、倉庫を高いところまで広く使用することができます。ピッキングではフォークリフトを使うのが一般的なので、ピッキングをして働きたいなら免許を取得しておきましょう。ただし、免許がなくても工場のピッキングの仕事で採用されることはあります。入社してからタイミングを見計らって取得することになるので覚えておきましょう。

東京の工場の求人は、工場内で製造、組立、検品などの業務を行います。未経験でも歓迎され、1R寮が完備されています。

You Might Also Like

Back to top