失敗しない期間工の選び方はどうするの?自分に合った企業を探そう

失敗しない期間工の選び方はどうするの?自分に合った企業を探そう

若く体力に自信があるなら完成車メーカー

生産量がピークを迎える時期に合わせて採用者が増える期間工は、若く体力に自信があるなら完成車メーカーの工場が適しています。なぜなら、完成車メーカーではある程度組み立てや加工が行なわれた部品の取り付けが主な業務ですが、金属部品が大半を占めるので重量が重いからです。そして、ライン生産のために長時間勤務となりやすく、結果的に期間工として契約期間を満了させるためには体力勝負となりがちです。短期間で期間満了金を受け取ることができれば、満足できる収入となるでしょう。

30歳以上や体力面が不安な人は部品メーカー

期間工はなるべく若く体力がある人ほど採用されやすいですが、30歳以上や体力面で不安が残るようならば部品メーカーから選んでみると契約期間満了を狙えます。部品メーカーは完成車メーカーほど重量物の取り扱いが少なく、組み立て後の部品を完成車メーカーへと生産日時に合わせて納品する流れです。計画的に部品生産が進むことから、残業時間が少なめで体力よりも手先の細かさが求められることがあります。

残業の量はメーカーごとに差が出やすい

残業が多ければ確かに期間工として稼げる金額が増えますが、メーカーごとに残業量は差が出やすくなっています。なぜなら、生産ラインの状態が企業により異なるので、納品先企業の方針に連動して残業時間が決まるからです。また、契約期間満了を確実に行い慰労金の満額支給を受けるためには、途中で体力的に限界を迎えてしまわない働きやすさ重視のメーカーを選ぶ必要があります。自動車メーカーだからといって残業が多いわけではなく、残業総量を管理しているメーカーほどホワイト路線で職場環境を整えていて働きやすいです。

期間工は住み込みの寮が完備されていたり、研修が充実していたりするなど、働きやすい環境が整っている仕事です。

You Might Also Like

Back to top