初めての警備員の仕事!特徴や求人の探し方を伝授

初めての警備員の仕事!特徴や求人の探し方を伝授

警備員の仕事の特徴について

警備員と一口に言っても、働く場所や仕事内容も違います。企業やビル内で働くこともありますし、店舗や公共施設内、建設現場で仕事に従事することもできます。施設で働く警備員は、主に館内を巡回して、防犯や防災に努めます。その他にも、カメラなどで不審な人物はいないか、異常はないか監視したり、何かトラブルが発生して通報を受けたら、その場所まで駆けつけて対応することもあります。建設現場で働く警備員は、車や歩行者を誘導することや、工事現場付近で周囲の安全確保に努めています。

警備員になるためには、特に資格不要という求人もありますが、正社員として就職や転職する場合は資格があった方が有利です。資格は整備業法による警備員技能検定を受ける必要があります。資格は1級や2級があり、取得するためには、国家公安委員会の検定試験に合格するか、全国警備業協会などが実施する講習を受講するという方法があります。

警備員の求人が集まる専門サイトを活用しよう!

警備員の仕事を探すときは、専門の求人サイトで検索してみることをおすすめします。警備員の求人に特化していて、正社員や派遣社員、アルバイトなどの幅広い雇用形態の求人があることや、さまざまなエリアや現場の求人情報が集結していて、選択肢も豊富です。日払いや週払い、初心者歓迎やブランク有りなど、目的に合わせた求人を選ぶこともでき、情報量が多いところが魅力です。警備員に関する役立つコラムや基本情報などの情報を発信している求人サイトも多く、必要な知事も身につけられます。

警備員の求人は、ネットのアルバイト情報から探すことができます。女性も働く人が増えてきています。他の業種と比べ日給が高いのが魅力的です。

You Might Also Like

Back to top